わたしには全部のことは入らないだろう、けれども」
 [I think that can not get into myself about all things, but]